1978年8月

大阪営業所を北浜から梅田(大阪駅前第2ビル)に移転

建設および補償コンサルタント事業の伸びを背景に、
1978年には竣工して間もない大阪駅前第2ビル12階の一角を購入。
翌1979年には大阪営業所を北浜から梅田に移して
さらなる成長に備えました。

下水道施設の運転・維持管理業務は
創業時からの茨木に、藤井寺(雨水ポンプ場)を加えていましたが、
当時の成長を牽引していたのはコンサルタント事業でした。
1988~89年に実施した
伊勢湾岸自動車道路の補償コンサルタント業務では
日本道路公団(現・NEXCO)様より高い評価をいただき、
その実績などから業務はさらに拡大。
1977年に15名ほどだったコンサルタント部門の社員数は
1989年には120名を数えるまでに増えていました。

高速道路整備など旺盛なインフラニーズを背景とした建設・補償コンサルタント事業の拡大が高田管理工業(当時)の成長を牽引した。※写真は伊勢湾岸自動車道路

1994年12月

商号を「高田管理工業株式会社」から「株式会社タカダ」に変更

1999年4月

堺市クリーンセンターおよび千里リサイクルプラザの破砕処理施設の運転・維持管理業務を受託

1999年4月

大薮浄水場(島本町)の運転・維持管理業務を受託

1999年8月

中部営業所開設

1999年4月から廃棄物(破砕)処理施設と浄水処理施設で
運転・維持管理業務を受託。
それまで下水処理施設のみしかなかった業務領域を拡大しました。

廃棄物(破砕)処理施設

浄水処理施設

2001年7月

PFIコンサルタント業務開始

2002年12月

ISO9001認証取得(適用範囲:茨木事業所・千里事業所・岸和田事業所・志摩事務所)

1968〜

Founding period

創業期

2003〜

Expansion period

拡大期